※以下、南出インターン生により製作された記事です

まちづくりPJ

現代を生きる人々の多くは、未来から突きつけられた問題を目の前にして、何もせずにして手をこまねいています。
たしかに、今当たり前だと思っている状況が、当たり前ではなくなる時代が来ます。
しかし、今行動すれば、未来はまだ変えられるのではないでしょうか?
私たちは「未来を切り拓くのは一人の一〇〇歩ではない、一〇〇人の一歩」を合言葉に、一人でも多くの人が自分の住む地域に関心を持ち、一緒になって、まちを作っていくために活動しているのです。

寺子屋PJ

現代の学校教育だけでは成し得ない子供の自立を地域教育の実践で達成し、次世代の泉大津、日本を担う人財を育成することが目的です。
地域密着で活動するインターンの卒生が講師となり、人間として大切なことを生徒の小中高生に学んでもらい、自立の前提となる自律を促しています。
教育の効果は10年20年経たないと表れませんが、信念を持って地道に活動しています。
すべては未来の泉大津、日本のために。

食育PJ

かつて自給率100%であった日本は現在食に関する深刻な問題を抱えています。
大量の食料廃棄、生活習慣病、家庭の孤食や個食など私たちの周りには多くの食に関する問題で溢れています。 それらは今を生きる私たちだけではなく子供、孫へとなるにつれより深刻な物になって行くでしょう。
そうなる前に、まずは地域から「心と体を育てる食育」に取り組み、かつての心と体が健康で一家団欒の食卓が当たり前の暮らしを実現したいと思います。

勉強会PJ

まちづくりを牽引する者として、私たちは常に学び続けなければならないと思っています。
4か月間のインターンシップを卒業したら、それで終わりではなくて、卒業してからも切磋琢磨できる関係をインターン生同士が築けるように定期的に勉強会を開催しています。
また、内だけで行うのではなく、他の学生も一緒になって学んでいけるよう環境を整えていきます。