実際にやってみて分かったこと

人づくりは、まちづくり

「このまち・あの人のおかげで成長できた」と実感した者は、まちのために恩返しがしたいと帰って来ます。
つまり、まちづくりを通じて若者を育てることは、将来のまちの担い手を育てることになるのです。 人財を育むためのまちづくりを、泉大津市全域に浸透させることが重要です。

まちの力が民間企業を呼び込む

企業は自社の技術や人財・ノウハウを生かすことができる「場所」を探しています。
泉大津市が企業に選ばれるまちになれば、まちに活気が生まれます。そのためには、一人でも多くの市民が「まちの未来は自分たちでつくる」 といった考えを持ち行動することが大切です。

介護保険料の上昇は抑制できる

自分の足で歩ける状態を長く維持するための方法を伝えることによって、身体機能の改善事例が続出。
健康を回復・維持することで介護保険料の上昇を抑制し、税金の支出も抑制できることを実感しています。